オーバーウォッチ2は、ヒーローがバトルパスの後ろにロックされているにもかかわらず、より大きな取引を交換するようになります

続編のヒーローは、最初のゲームのように誰にとっても無料ではないことに不満を抱いており、試合の途中でヒーローを交換する能力が制限されています。 Blizzardの変更の理由は、ほとんどの人が交換せず、ゲームはそれほど頻繁に行う必要がないように設計されているということでした。 それにもかかわらず、ヒーローを変えることを奨励する新しい能力は、それがゲームの重要な部分であり続けることを示唆しています。

Blizzardは、数週間後に無料プレイを開始する「オーバーウォッチ 2」に予定されているバランスの変更点のリストを詳述しました。 変更点の多くは、ゲームの2つのクローズドベータ版からのフィードバックとテスト、およびオーバーウォッチ リーグで進行中のプロとしてのプレイに対する反応です。

リストの最大の変更点は、「オーバーウォッチ 2」の新しいロールパッシブの一部、つまり戦車、ダメージ、サポートの3つの役割にわたってすべてのヒーローに与えられるバフです。 6月のベータ版では、ゲームで最も人気のある役割であるダメージキャラクターにパッシブが与えられ、プレイヤーがあるヒーローから別のヒーローに交代したときに、最終的なチャージの最大30%を維持できます。 これは、状況がそれを必要とするときにプレイヤーがより良いヒーローに交換することを奨励するのに役立ちます。

さて、すべての役割はこの受動的になります。 ラインハルトがそれをカットしていないが、彼のultの80%を構築している場合は、ロードホッグにスワップオーバーして30%の充電から始めることができます。 慈悲深いプレイヤーは、スタッフを降ろしてルシオを拾うことができ、進行状況をリセットすることもできません。 投稿の中で、Blizzardは、この変更はプレイヤーによって要求されたと述べた。 「テストを継続した後、私たちは同意し、メンバー全体が開始時にヒーロースワップパッシブにアクセスできるように変更を加えています」とBlizzardは書いています。

この能力は、プレイヤーがオーバーウォッチのヒーロースワッピングメタゲームに参加することを奨励し、ヒーローはロックペーパーはさみの相互作用を持ち、その場で対抗することができます:あるヒーローが別のヒーローに反撃された場合、いつでも次のリスポーンをオンにすることができます。

Blizzardがプレイヤーにヒーローを交換する理由をもっと与えているのは、先週、フリーミアムバトルパスの後ろに新しいヒーローをロックし、この戦略を混乱させる可能性があるという決定を擁護しながら、ほとんどのプレイヤーが単に交換しないと述べたことを考えると、少し驚くべきことです。 ゲームディレクターのアーロン・ケラーは、PC Gamerのグループインタビューで、「人々がヒーローを切り替える頻度と、一度にプレイするヒーローの数のデータを見ると、大多数のプレイヤーは比較的少数のヒーローをプレイしています」と述べています。

オーバーウォッチ 2 バトルパス

(画像クレジット:アクティビジョンブリザード)

Blizzardの主張は、本質的に、プレイヤーがすべてのヒーローにアクセスできなくても大したことではないということです。

「人々が実際にそこでどのようにゲームをプレイしているかを見ると、彼らはプレイ方法のほとんどに数人のヒーローを使用しています」と、 [and] Blizzard Jon Spectorのコマーシャルリード兼VPは同じインタビューで述べています。 「そして、時には彼らは入れ替わり、さらに数人のヒーローを追加します。 ですから、私たちが行って「35人のヒーローのうち34人がいたら、実際にプレイ体験に影響を与えますか?」と言うとき。 データを見ると、そうならないと確信しています。

ケラーは、チームは「本当に硬いロックペーパーとはさみの相互作用のいくつかをゲームから取り除こうとしている」と説明し、個々のヒーローにそれらの戦術的な選択肢を統合しようとしている。

新しいパッシブアビリティにより、Blizzardは両方の方法でそれを持とうとしているようです:ヒーロースワッピングは明らかに新しいヒーローパッシブと奨励するのに十分なほど重要ですが、完全な名簿を持つために数週間(または季節ごとに$ 10を支払う)グラインドするタイプのプレイヤーにとっても大したことではありません。

今年初めに主人公デザイナーを失ったにもかかわらず、オーバーウォッチ2はヒーローを9週間に1シーズンに1台、新しいサポートヒーローのKirikoが発売され、12月に新しい戦車が発売されるという速いペースでヒーローをリリースする予定です。 オーバーウォッチ2は10月4日にオリジナルのゲームをリリースし、置き換えます。